江戸小紋の着物を学ぶ

着物にアイロンをかける方法

着物にアイロンをかける方法 綺麗に保存をしたつもりだったが、シワがついてしまったということがあります。
そんな時には着物にアイロンをかけることができますが、着物に使われる素材は様々なものがあるため、素材にあったかけ方をすることが大切です。
絹だけを使った正絹は、水に濡れると縮んでしまうため霧吹きを使わないようにします。
台に表側のしわのある部分を置きます。
海苔を落とした薄くて白い木綿の布、手ぬぐいなどをその上に置いて当てていきます。
中温〜高音でシワのあるところ軽くおさえる程度の力で布の目に沿って素早くシワを伸ばします。
刺繍や金銀箔などが施されている部分は当てないようにします。
木綿の場合には、台の上に乗せたらかけるところの形を整えます。
シワのあるところを霧吹きで霧をかけてその都度かけていきます。
絹とは違って力をかけていきますが、先の尖った方に力を入れると余計なシワができてしまいやすいため、なるべく後ろの方に力を入れ、先はわずかに浮かせてアイロンをかけるのがポイントです。

家庭でできる着物ケア

家庭でできる着物ケア 着物は汚れると大変で、掛襟は一番汚れやすい部分で顔周りの汗や化粧がつきやすいです。
袖口も外側と内側に汗や皮脂がつきやすく、前身頃は食事をしたときなどに食べこぼしがつきやすい場所です。
裾も砂ぼこりや泥はねの汚れやスレができやすいのですが、実は着物は自宅でもケアすることができます。
洗濯表示に手洗いマークがついている物ならOKで、洗い方はまずそでたたみして洗濯ネットに入れて洗濯機に入れます。
そしておしゃれ着洗剤を入れてドライコースで洗濯すると良く、後は和服用のハンガーにかけて陰干しするだけです。
正絹の着物や絞りや刺繍などの装飾がある物については、水につけると生地が縮んだり、変色をする可能性があるので、自宅でのケアは不可です。
外出先で着物にシミがついた時でも自宅でケアすることは可能で、まず指先やハンカチの先で汚れをはじいて落とし、その後ハンカチで吸い取ります。
油性のシミの場合は、シミの下に布を敷いて白い綿のガーゼにアルコールを含ませ、シミの上からガーゼを優しく叩くようにすれば布にシミを移すことができます。