江戸小紋の着物を学ぶ

着物のお手入れで気を付ける事

着物のお手入れで気を付ける事 着物のお手入れで気を付ける事は、洋服と同じ感覚でアイロンを当てないことです。
アイロン掛けについては洋服のように頻繁にかける必要はなく、たたみしわを取ったり、湿気を取った後にしわを伸ばす目的で使用します。
また、アイロンを使うと縮む原因になるので温度には十分注意し、直接当てるのではなく必ず当て布を使用してドライアイロンでかけることが大事です。
中々しわが取れない時は霧吹きを使うと良いのですが、斜めにかけると余計にしわができやすくなるので、布目に沿ってかけるようにしましょう。
着物のお手入れをする時は、保管方法と汚れへの対処に気を付ける必要があります。
保管方法では湿気対策が大事なので、着た後は湿気や体温をとるために、風通しの良い場所にハンガーにつるして日陰で一時間程度干すことです。
タンスに保管する時も、定期的に引き出しを開けて風通しを良くしてやることが大事で、着物の湿気を取るように努めます。
着物が汚れた時は、強くこすると汚れを広げるので乾いた布で表面を軽く叩いて拭き取る程度に止め、後は専門家に任せましょう。

着物のカビ臭さを事前に防ぐ!

着物のカビ臭さを事前に防ぐ! 着物のカビ臭さを防ぐのに一番いい方法は、年に2回梅雨が明けた7月と2月に陰干しをするようにするのが理想的です。
でも働いている人の多い昨今、休みの日が雨降だったとか等の理由でなかなか思うように陰干しすることはできないと言うのが現状です。
密封性が高い現在の住宅で、カビがつかないように保管するためには除湿剤は欠かせないアイテムです。着物専用の除湿剤と言うものが呉服屋に行くと売っていますので、それを利用すればさらに安心です。
防虫剤と除湿剤を一緒に入れて、定期的に交換するようにすることがおすすめです。
また着物を包むためのたとう紙は、和紙でできていて吸湿性が優れているので必要なアイテムです。
裏技として少しお金はかかりますが、着物を着ていなくても、毎年梅雨時になると専門店にクリーニングに出すようにします。
そうするとカビになりやすい梅雨どきを、専門のクリーニング屋に保管してもらう事ができますので、自分は何もしなくても安心していられます。