江戸小紋の着物を学ぶ

着物のサイズ直し

着物のサイズ直し 近年では、骨董ブームによって各地で骨董市が開かれるようになりました。そんな骨董市でも一際目を惹くのが、アンティーク着物です。
通常、着物は高額なものですがアンティークの品となると、数千円程度から購入する事が可能なため手が出しやすいのが魅力です。特に、明治や大正時代のものに関しては、デザインが鮮やかなものが多いため若い人たちを中心にとても人気があります。
しかし、こうしたアンティーク品を購入後にはサイズ直しが必要になることが多々あります。それは、昔の人は現代人に比べて背が低い人が多かったため、着丈が短いことが多くあるのです。こうした場合には着丈を伸ばす必要があります。また、着丈が長過ぎる場合には、着丈を詰める必要もあります。
こうした、サイズ直しは専門店で行うことが一般的で、その価格は数千円から行うことができます。そのため、アンティーク品や中古の着物を購入した際にはサイズ直しをすることでより自分の身体にあった着物を着ることができるのです。

着物を継承していくためには直して使うのが◎

着物を継承していくためには直して使うのが◎ 私たち日本人にとっての正装である和服ですが、手入れや着付けに手間がかかることから日常生活の中ではあまり使用されることはありません。
しかし、成人式や結婚式、卒業式などの晴れ舞台には着物を着用する人は数多くいます。そんな着物は洋服に比べても、使用している素材や縫製、染めに手間がかかっているため高価な物であるため、振袖などの晴れ着は親子で継承して使うこともしばしばあります。
特に、和服の場合には流行に左右されにくいため、一昔前に購入したものや家族から継承したアンティーク品でも日頃の手入れを行っていれさえいれば、十分着用することができるのです。
しかし、着物の場合には着る人身長や体型によっては、メインとなる柄が隠れてしまったり、着丈が合わないこともあります。そんな時にはお直しに出して自分の身体に合わせることができるのです。また、長期に渡って保管をしていると生地が傷んでしまったり解れてしまうこともありますが、こうした補修もお直しで行うことができるのです。