江戸小紋の着物を学ぶ

着物が引き立つ小物

着物が引き立つ小物 着物が引き立つ小物には、帯締めに通して帯の正面に飾られる細工物の帯留めがあり、沢山の種類があります。
ガラスや宝石があしらわれたブローチのような帯留めをはじめ、兎や雀など動物をあしらった物もあるので、和服用のアクセサリーとしてとても重宝します。
帯の上につける帯留めは、帯と同じ柄だと目立ちませんが、違う柄のものを使用すると絶妙な色合いになります。
いつもの帯留めを季節に合わせて変えるだけで雰囲気は大きく変化するので、着物を引き立たせてくれるアイテムとして欠かせません。
スカーフを帯揚げとして使用してもおしゃれで、モダンなスタイルになります。
着物が引き立つ貴重な小物にはバッグもあり、種類によって着物の雰囲気が変わるものです。
ドレスに似合うバッグを持てばモダンな感じになり、風呂敷をバッグ代わりにすれば和の雰囲気がより強調されます。
草履も色や柄で雰囲気が左右されるので、バッグや足袋としっかり合わせることです。
複数の小物を揃えると、気分や時期で自由にコーディネートできるので、是非色々と試してみましょう。

着物着用時に付けても大丈夫な装飾品

着物着用時に付けても大丈夫な装飾品 お着物を着る時に、装飾品は何を付けたらよいのか迷いますよね。
お着物は日本の伝統やしきたりもあるので、タブーを起こしてしまうと台無しとなってしまいます。
基本的には、お着物の場合はアクセサリーはつけないのが常識です。
付けたとしても、結婚指輪ぐらいでしょう。
あとはかんざしぐらいでしょうか。
かんざしも鼈甲や蒔絵、パールぐらいのデザインまでです。
髪を結ったからといって、必ずかんざしをする必要はありません。
お着物や帯が既に高価であり華やかであるので、アクセサリーの役割をなしています。
ですから、それ以上飾り立てる必要がないのです。
やはり、知らずに装飾品を付けているとしたら、この人は分かっていない人と周りから見られてしまいますので、ご注意ください。
ネイルも極力避けた方が良いでしょう。
爪が長いと生地を傷つけてしまう恐れがあるからです。
高価な物なので、取り扱いにも十分注意が必要です。
そういった奥ゆかしい姿勢が大事なのです。