江戸小紋の着物を学ぶ

このサイトでは着物の種類のひとつ小紋の中でも江戸小紋について基本的なお手入れの仕方や、知っておくと便利な豆情報。
お洒落に見える小物使いなど着物を着るうえで役立つ情報をご紹介しています。
かつては大名様が礼装として各藩との区別をするために始まった柄。
それから技術者たちの腕の見せ所と言わんばかりに技術を磨いていき、たくさんの柄が生まれていきました。
江戸小紋は裃の模様として発達していきました。
模様一つでこんなにも歴史や意味があるなんて魅力的ですね。

粋な模様の着物「江戸小紋」

粋な模様の着物「江戸小紋」 江戸小紋とは着物の種類のひとつ小紋のなかで江戸時代に大名のなかから生まれた柄のことで、型紙を使って染めること、模様一つ一つがとても小さいのが特徴です。
遠目で見ると無地に見えてしまうほど小さいため職人に高度な技術が求められます。
そんな職人達の技術がつまった模様は日本の美を象徴してもよいのではないかというくらい美しいです。
その小さくも美しい柄を型紙で染めた着物を江戸小紋といいます。
江戸小紋の歴史はもともと江戸時代の武士の裃から発達したもので、参勤交代でたくさんの武士が集められどの藩か一目でわかるようにするために各藩で「定め柄」を決めてそれぞれの藩が所有していました。
その後大名たちのなかで柄の豪華さを張り合うようになり幕府から規制されるほど人気な模様でした。
職人さんの高度な技術、古い歴史の中でどんどん姿形を変え発達していった日本の粋がつまった江戸小紋、興味を持っていただけたら嬉しいです。

江戸小紋の着物としての価値

江戸小紋の着物としての価値 着物には様々な種類のものがありますが、江戸小紋という種類は聞いたことがありますか。
小紋には江戸小紋を始め、京小紋や加賀小紋というものもあります。
しかし、その中でも江戸の小紋は価値が高いことで有名なのです。
それはいったいなぜでしょうか。
そもそも小紋とは、日本の着物の1種であり、全体に細かい模様が入っていることが特徴です。
上下の向きに関係なく模様があしらわれているので、正装には不向きになります。
しかし、江戸の小紋は多くのシーンで着用することができるのです。
これは他の2種類に比べて、江戸の小紋は模様が細かくあしらわれていることにあります。
細かい模様であるため、遠目では無地のように見えます。
このことから略礼装としての着用が可能になるというわけです。
江戸の小紋は型紙を使って染めるという方法を使っており、江戸時代からその伝統が受け継がれてきました。
この型紙は芸術性に富んでいるため、近年では美術の工芸品や家具にまで使用されるようになっています。
非常に細やかな模様を染めるための型紙の彫師、そしてその型紙から生地に色を染める染め師、江戸小紋はこのような職人の技によって成り立っているのです。
これらのことから江戸小紋の着物は、日本の伝統を感じる価値あるものだといえるでしょう。